2011/11/15

パリ・セーヌ河沿いを散歩 ~シテ島&ポンヌフ~ le de la Cité-Pont Neuf.





ノートルダム大聖堂を後にして、シテ島をセーヌ川沿いに歩いていくことにしました。


サンミッシェル橋


このシテ島には警視庁、コンシェルジュリー、最高裁判所があります。
コンシェルジュリーは10世紀~14世紀ここでフランス国王が暮らし政治を行っていた王宮だそうでその後はフランス革命時の牢獄に。もっとも有名な囚人はマリー・アントワネットでしょうか。
彼女は処刑最期の日までここで過ごしたそうです。


あのバルコニーがほしい・・・


パリは歩いているだけで絵になりますねぇ。


シテ島の端っこ。ポンヌフという橋へ到着しました。


なぜかここは夫のおススメの場所。
夫の理由: この橋はね、映画『ボーン・アルティメイタム』
(あのボーンシリーズのうちのひとつ)で
        あのジェイソン・ボーン扮するマット・デイモンがついに撃れてしまう場所なんだよ。
切ないよね~。

・・・という、私にとってはどうでもいいような理由の橋なんですが
ガイドブック的には「ポンヌフはパリ最古の橋」だそうです。


ひと気も少ない普通の橋でしたが
アンリ4世の銅像(言われなかったら誰だかわかりません。)があったり
石畳だったりとヨ~ロピアンな雰囲気です。


遠くに見えるシテ島とポンヌフ。


次第にエッフェル塔も見えてきました♥


ポン・デ・ザールという橋だったかな。(恋人たちの鍵がたくさんありました。)
追いかけっこする犬たち。動きが高速すぎて、うまく撮れず・・・



このあと、ルーブル美術館へ。
さて、このあたりから「アフリカの子供たちへ」「盲目の人たちへ」という超テキトー募金に扮した
勧誘フランス人が「サインして、サインして」と詰め寄る・・・
そのしつこさと言ったら、もぅ半端なくうっとうしいです。
香港のチムサーチョイあたりのインド人以上のものがあります。
気が弱い人はここでお金払っちゃうんだろうなぁ・・・



le de la Cité~Pont Neuf







LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...